中源線に関する放送とフォローアップブログ

 


波乱の幕開け! 絶好の押し目か、終わりの始まりか ~売るべきか、買うべきか、それが問題だ~

2020年1月20日放送

日経平均が24,000円、しかし中東がきな臭い──こんなアプローチをしていませんか?
 
実は、昨年の12月後半から弱含みになっている銘柄も多い一方、年明けも強い動きをみせる銘柄があります。
 
2020年1月20日のマーケット・スクランブルでは、プレーヤー目線で個別銘柄の動きを分析しながら、利益に直結する判断方法、適切かつ実用的な対処法を考えました。
 

フォローアップのブログ

(1) トランプうざい!

(2) 再転換の妙 「シグナル配信会員」限定です

シグナル配信についての詳しい説明はこちら


目先調整は終了か? ~中源線で捉える潮の変わり目~

2020年2月10日放送

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される状況下、相場の強弱が気になるところです。
しかし、現状や将来の可能性をどれだけ正確に分析しても、相場の予測には直結しません。
 
では、なにを、どう見て判断するのが適切なのか──2月10日の放送では、直近1カ月の動きを丁寧に観察しながら、実践者の判断基準を考えました。
 
また、中源線の基本的ロジックに「日柄」の概念がない理由についても解説しました。

フォローアップのブログ

(1) “平均”では見えない真の株価変動

(2) 「日柄」を考慮した裁量 「シグナル配信会員」限定です

(3) 検証! 2月放送で見た銘柄は? 「シグナル配信会員」限定です

シグナル配信についての詳しい説明はこちら


武器としてのトレードツール ~荒れた相場を中源線で泳ぐ~

2020年3月9日放送

新型コロナウイルスの感染拡大を材料に、株式市場は大暴落。
多くの売買システムは、こういったスピーディーな下げを想定していないために破綻します。
 
しかし、中源線は、素早い転換の判断で下げを取りに動きます。
直近1カ月の下げで、中源線がどのように機能したか──2020年3月の放送では、多くの事例を挙げて解説しました。

フォローアップのブログ

(1)急激な下げへの対応

(2) 「売り」の発想 中源線研究会登録者」全員が閲覧可能です

(3) 目先の対応、正解は? 中源線研究会登録者」全員が閲覧可能です

シグナル配信についての詳しい説明はこちら


本領発揮! ホンモノの証 ~未曽有の乱高下に中源線はどう反応したか~

2020年4月20日放送

多くの売買システムが機能不全に陥るなか、中源線は2月からのスピーディーな下げに乗りました。
 
また、日経平均が最安値をつけた3月19日には、東証一部だけで約500銘柄が陽転していたのです。つまり、「下げに乗った」「利食い手仕舞いが実現した」ということです。
 
過去の暴落にはなかった驚きの下げでも機能した中源線──4月20日の放送では、最も肝心な個別銘柄の動きを振り返ってみました。

フォローアップのブログ

(1)過去に例のない下げに対応した

(2)荒れ場の対応 「シグナル配信会員」限定です

シグナル配信についての詳しい説明はこちら


そろそろマーケットは落ち着いた? ~「オレの銘柄」で徹底検証~

2020年5月11日放送

株価指数が3月中旬の安値から戻り、相場全体に戻り歩調だと感じます。でも、常に“個別銘柄”で判断しなければなりません。
 
2020年2月から3月にかけて個別銘柄が下げていく動きに乗った中源線は、3月中旬以降の陽転(買い転換)でカラ売りの利食い手仕舞いを実現しました。
 
では、その後はどうなのか──5月11日の放送では、私が実際に売買している8銘柄を取り上げて解説しました。
 

フォローアップのブログ

(1)タイミングが命 (5/15公開済み) マーケット・スクランブルWEBサイト(無料登録で閲覧)

(2)損小利大 (5/20公開済み) 「シグナル配信会員」限定です

(3)市場の状況を考える (5/27公開済み) 「シグナル配信会員」限定です

シグナル配信についての詳しい説明はこちら



買いたい弱気? ~ 二番底はいつ来るのか……

2020年6月8日放送

株式市場は3月の安値から上昇して日経平均は23,000円、いろいろな思惑から「二番底」を気にする向きが多いなか、強い戻りをみせています。
 
二番底はいつ来るのか、そもそも二番底とは?
どういった認識が正しいのか?
 
6月8日の放送は、「二番底」という分析アプローチを、実践的な観点で考えました。
 
 
フォローアップのブログ
 
(1) 正しい「二番底」 (6月12日公開) マーケット・スクランブルWEBサイト(無料登録で閲覧)
(2) 相場は「数字」ではない (6月18日公開) 「シグナル配信会員」限定です
(3) 不自然な感もあるが強い (6月24日公開) 「シグナル配信会員」限定です

シグナル配信についての詳しい説明はこちら



ジェットコースターで手が出なかった投資家必見! ~上げも下げもしない相場の次の一手~

2020年7月6日放送

株価指数は強いし、それを支える個別銘柄もある、というのが株式市場の現状です。
しかし、多くの個別銘柄の動きは当然バラバラで、安値で保合、中段で保合、高値近辺で保合という具合……“次の一手”を決めかねる投資家は多いでしょう。
 
そんな状況下でも、私たちは行動を決めて前進しなければなりません。
どんな考え方が有効か、そして適切なのか?
 
2020年7月の放送では、プロの実践的な思考を紹介しました。
 
 
フォローアップのブログ
(1) 当てなくてもいいんだ! (7月10日公開) マーケット・スクランブルWEBサイト(無料登録で閲覧)
 
 


オレの銘柄どうなった? ~コロナ後の相場を個別銘柄で徹底検証~

2020年8月3日放送

新型コロナウイルスについて、マーケットは「未知の恐怖」を忘れつつあります。
そして、マーケットの先見性によって“その次はなにか?”を模索しています。
 
「もう警戒を解くべき」「経済停滞の悪影響のほうが大きい」といった意見が正しいかどうか、まだ正解は出ていないのですが、世界各国が金融システム維持に動いた結果、株式市場の明るい未来が見えているといえるでしょう。
 
とはいえ、整理不足の銘柄も少なくないうえに、数カ月単位の自律的な上げ下げもあり、強い銘柄もあれば弱い銘柄もある状況です。とくに直近の値動きは、そんな跛行色が顕著に現れていると感じます。
 
2020年8月の放送は、7月に取り上げた6銘柄のその後を追うとともに、私が実際に売買している銘柄を挙げて個別の観察を行いました。
 
 
フォローアップのブログ
(1) だまされない情報処理のコツ (8月7日公開)
   マーケット・スクランブルWEBサイト(無料登録で閲覧)
 
 


遅れて来た暑い夏 ~ サマーラリーを制したのはどんな銘柄?

2020年9月7日放送

株価指数は堅調ですが、実際に上昇している銘柄は限定的です。
 
ついソワソワしてしまいますが、こんなときこそ落ち着いて観察しましょう。
 
・上昇している銘柄のパターンは?
・これから買うなら、どんな銘柄を狙うべき?
 
2020年9月の放送では、こういった点について、中源線の売買だけでなく、多くの個人投資家が好む裁量の売買、逆張り投資まで考えて解説しました。
 

フォローアップのブログ

(1)上昇のパターンは3つ (9月11日公開)
    マーケット・スクランブルWEBサイト(無料登録で閲覧)
(2)相場は「待つ」が大切 (9月17日公開) 「シグナル配信会員」限定です

 

シグナル配信についての詳しい説明はこちら



決め手に欠ける保合相場 ~ブレイクアウト狙いか、押し目を拾うか?~

2020年9月28日放送(第186回)

9月28日は、新生マーケット・スクランブルの放送第1回、新しいスタジオで収録しました。
もちろん、カメラもマイクも、ちょっと高性能の新品。
チャートを写す機材も新しく、編集の手順も今までと異なります。
 
というわけで、テストを兼ねて収録し、YouTubeにアップしました。
 
これまた、新たに開設した「マーケット・スクランブル」という名前のチャンネルです。
ぜひ、チャンネル登録をお願いします!
 
株式市場全体が強いと感じますが、個別銘柄の動きはどうなのか──。
いつもの8銘柄について、中源線チャートを示して解説しました。
 
次回は1週間後、再び「定点観測」をお送りします。
 
 
フォローアップのブログ
 
※10月5日公開の番組と一緒に、フォローアップを執筆する予定です。
 
 


マーケットスクランブル ~米大統領選を前に日本株はどう動くのか~

2020年10月5日放送(第187回)

米大統領選を前に、さまざまな憶測が飛ぶ金融マーケット──。
 
「定点観測」あらため「超」相場解説、2020年10月の放送は昨夜、10月5日21時に公開しました。
 
撮影終了は19時だったのですが、編集の手順がまだまだ・・・年内には、今まで生放送でやっていたように20時ちょうどの公開を実現したいと思います。
 
新しいYouTubeチャンネル「マーケット・スクランブル」に、チャンネル登録をお願いします!
 
 
フォローアップのブログ
 
    マーケット・スクランブルWEBサイト(無料登録で閲覧)
 
 

勝てない投資家の悪いクセ? ~押し目買いと様子見~
 
2020年10月12日放送(第188回)
 
タイトルだけ見ると「上から目線」ですが、うっかり生まれてしまう“誤った認識”を取り上げています。私たちが生身の人間であり、常識ある社会人であるがゆえの勘違いを、一緒に考えてみる内容です。
 
「押し目買い」そして「様子見」……プレーヤーとして正しく使っているか、“ユルさ”を生む隙はないか──番組を見て再チェックしてください。
 
新しいYouTubeチャンネル「マーケット・スクランブル」に、チャンネル登録をお願いします!
 
 
フォローアップのブログ
 
    マーケット・スクランブルWEBサイト(無料登録で閲覧)
 
(2)順張りの逆張り